M&Aとは何か?

M&Aのメリットとは

M&Aとは企業の合併・買収を総称する言葉で、その中には資本や業務の提携といった意味合いも含まれています。買収という言葉からはあまり良いイメージを抱かないかもしれませんが、たとえば売却する側であれば資金援助を受けて新たな事業を興すことができる、買収する側であれば実績ある企業のノウハウを取得できるといったメリットが挙げられます。これらはほんの一例ですが、双方の思惑が合致してM&Aが成約すれば、当事者だけでなくその関係者にもメリットをもたらすことになるのです。そのため、M&Aは企業の発展や生き残りのための戦略としても認知されています。では、具体的にどういった手法でM&Aが行われるのか、その代表的なものを紹介していきます。

M&Aの代表的な手法

まずもっとも一般的な手法が株式譲渡です。買収する側が相手の株式を買い取って子会社化するという話は、ニュースなどで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。当然、買い取られた会社は子会社として存続します。同様によく聞かれるのが、複数の会社が一つの会社になる合併です。この場合は、買い取られた会社は消滅することになります。また、事業譲渡であれば、会社そのものは残りますが第三者に譲渡することになるため運営会社が変わることとなります。大半のM&Aは株式譲渡によって成約していますが、どのような手法をとるにせよ会社の経営権に影響を与えることになるため、経済活動の一環ととらえて間違いはないでしょう。うまく活用することで会社を大きく発展させることも可能であることから、M&Aのセミナーが開催されるなど大きな関心を集めています。

© Copyright M&A Corporation. All Rights Reserved.