これで完璧!「M&A対策」

業績が悪化するリスクを減らす

企業の競争は激しいので経営基盤が弱い企業は業績が悪化するリスクが常にあります。お互いの企業が成長できるよいM&Aをすることは率先してした方がメリットが多いと考える企業は増えています。逆に一方の企業が大きく得をするバランスの良くない敵対的M&Aをされてしまうことを避けたいと願う企業は多いです。そのため、買収されそうな時に備えていろいろな防衛策を企業は考えています。例えば、企業の経営陣が解任されてしまうときに、かなり大きな額の割り増し退職金を支払わないといけないような契約をしておくことは有効です。その結果、敵対的なM&Aをしたいと考える企業は経営陣が解任するときに多くの資金を用意しなくてはならないので、買収コストが膨大になりM&Aを躊躇する可能性があります。

有利で友好的なM&Aをする

経営基盤が弱い企業がM&Aをされたことで業績が良くなり生き残れるようになることはありがちですが、M&Aをどうしてもされたくないときに有効な方法があります。例えば、M&Aをされたくない企業の経営陣がM&Aをされそうなときに、敵対的M&Aをしかけた企業よりも、自分たちの企業に有利な友好的なM&Aをしてくれそうな他の企業にM&Aを依頼することは良い方法です。他に、全ての取締役がいっぺんに選ばれることができないように役員が改選される時期を少しずらしておいて少しずつしか選任できないようにする対抗策があります。資金に余裕がある企業の中には、敵対的な買収をしかけてきた企業を逆に買収しようとするケースが存在します。

© Copyright M&A Corporation. All Rights Reserved.