M&Aのメリット・デメリット

M&Aを使おう!その前にメリットを知っておくと良いです

企業は必ずしも順風満帆な状態で会社経営できるとは限りませんよね。不況が続けば倒産してしまう可能性もあるのですが、こういうときに役立つのM&Aです。 自分の会社を希望する別会社に売ることによって、不況の波から逃れることができます。売却を希望している会社が専門的なスキルを持っているのなら、買い手からすると部門強化にもつながるのです。 双方にとってメリットを持っているのがM&Aとおぼえておくと良いでしょう。また売却希望側は独自のパイプを構築している場合がありますよね。これは買い手からすると提携先の企業を増やせるチャンスでもあるので事業拡大をしたいときにも使えるのです。 資金力の高い企業とM&A契約をすれば、今の状態よりも優れた市場を築ける可能性もあります。

逆にM&Aにはどんなデメリットがあるのか

企業が生き残る手段として使えるM&Aは、買収する側にも大きなメリットを持ちます。しかし気になるのはM&Aをするときにデメリットは発生するのかです。これは買い手の考え方によってその後の展開が大きく変化する部分と言えるでしょう。 例えば買収した会社から経営陣が来るのですが、この方達が従業員と問題を起こしてしまうと上手く会社を運営できなくなる可能性もあります。そうなれば会社の機能が著しく低下するので、理想的な経営ができなくなるのです。 また売った会社と購入した会社、双方は元々別の会社となっています。企業組織文化も大きく違うため、整合性が取れなくなる可能性もあるのです。しかしM&A支援を利用すれば簡単にマッチングする会社を見つけられるので上手く使ってみましょう。

© Copyright M&A Corporation. All Rights Reserved.