日本が狙われている「M&A」

激しい競争を生き残るために大事

M&Aとは、成長を願う企業が合併買収をすることで、国内だけでなく海外の企業同士で行われることがあります。会社が一つになることで、コストを抑えることができたり、販売網が広がるなどを狙って合併をする企業が存在します。大きくて有名な会社が海外の会社に買われると、大きなニュースになることがありがちです。また、M&Aは合併や買収だけでなく企業が提携する意味で使われたりします。経済が順調で安心感のある日本企業へ投資することは、あまり大きなリスクはないため、比較的大規模な買収をして利益を得ようとする海外企業がM&Aを日本企業にしかけることがあります。日本企業の買収をすることでもっと成長することができると考える海外企業は増えています。

経営基盤を強化することができる

無理のない企業間で行われるM&Aは、お互いの企業に大きなメリットがあります。M&Aをすることで、お互いの企業の人材が新しい仕事をできるチャンスを持てるようになり社員が新鮮な気持ちで仕事ができるので企業が活性化されます。企業にとって良い人材を育成することは非常に重要です。また、業界再編をすることで激しい競争を生き残れる可能性が大きくなります。経済が不安定だと企業の業績が悪化してしまうリスクがあるのですが、M&Aをして経営基盤を強化することで経済が良くないときでも業績を安定させることが可能です。企業が大きくなるためには、M&Aをして事業領域を拡げることが大事です。M&Aは企業が長く成長して発展し続けるためにはかかせない選択です。

© Copyright M&A Corporation. All Rights Reserved.