他人事ではない「M&A」

M&Aってどんなこと。

近年ニュースや新聞で取り上げられることが多く、耳にする機会が増えた「M&A」とは、いったいどんなことなのでしょうか。 M&A(Merger and Acquisition)とは、和訳すると「合併と買収」を意味します。 企業が他の企業を買収または合併したときに扱う言葉であり最近でも「国内大手企業が海外の某企業を○兆円で買収」などで話題になりました。 このM&Aを行うのは様々な理由があります。 企業の更なる発展のためであったり、新規分野の開拓のためであったり、と企業の成長を目的とした事例が多いです。 企業の成長のためであれば良いことなのではないか、と思いがちですが決して良いことだけではありません。 特に一番被害を被るのは、その企業に勤めている従業員なのです。

M&Aによる影響とは。

企業としては、企業同士の合意の元に行うので決して悪いことではありません。 ただし、M&Aを行うということは、企業のトップが変わるということになります。 つまりは企業の方針が大きく変わる可能性を意味し、「勤務地の変更」や「人員の削減」が行われることもあります。特に無数もの事業を抱えている企業は、事業の集中などを理由に、他の事業規模を縮小または撤退するケースもあります。 そうしたときに、一番影響を受けるのは「従業員」なのです。 M&Aは企業が成長するためには一番簡単な手法でもあり、最近は行われる機会が増えています。自身が勤めている企業もいつかはM&Aするかも知れませんので、他人事とは思わないようにしましょう。

© Copyright M&A Corporation. All Rights Reserved.